横浜市港南区の小児科、「もり小児科」です。港南台駅から徒歩2分です。ネット予約完備。

腹痛

急な激しい腹痛

 腹痛の原因はいろいろですが、子供が急に、しかも激しくお腹を痛がる時、頻度として一番多いのは、腸の中の便やガスが関係した痛みです。下痢か便秘のどちらかが絡んだ痛みだということです。急に高い熱が出た時にもよくお腹を痛がります。腹痛というと、一般の方はまず虫垂炎(いわゆる盲腸)を心配されますが、虫垂炎の痛みは、急激で激しいことはむしろ稀です。

 下痢をした時にお腹が痛くなるのは、皆さんもよく知っていると思いますが、最初の下痢便が出る前に激しい腹痛をもよおすことがあり、この場合はしばらく原因がわからないので、痛みの激しさにびっくりして救急車を呼んだり、救急診療所に駆け込んでしまったりします。たいていは、下痢便が出てしまうと痛みはかなり和らぎます。

 便秘で腹痛というのはピンと来ないかもしれませんが、腸の中に便がつまり、腸の中のガスが動けずに緊満したり、便を先に進めようとして腸がけいれん状態になったりすると、かなり激しい痛みを起こすようです。一応毎日排便があり、本人は便秘を自覚していない場合でも、潜在的に腸の中に便がたまり気味になっている場合もあります。いつも便秘気味の子供が風邪をひいて下痢になりかけたはじめに、激しい腹痛におそわれることもよくあるようです。

急な激しい腹痛は浣腸で便を出してみる

 下痢や便秘のからんだ腹痛でも、身をよじるような激しい腹痛になることがしばしばありますが、適当な処置を自宅で行えば、夜間休日にあわてて救急診療所に駆け込む必要はありません。子供が急に腹痛を訴えた時には、とにかくまず浣腸をしてみて下さい。(浣腸は家庭の常備薬として備えるべきです。)下痢便が出れば、原因は下痢だとわかりますし、腹痛もやわらぐことが多いものです。固めの便がたくさん出て、腹痛がケロリと治ったというのなら、原因は便秘だったことがわかり、そのまま冶療にもなるわけです。私の経験では、夜中に腹痛を訴えて救急受診する子供の7割ぐらいは浣腸だけで解決してしまいます。

素人判断で浣腸をすると危険な病気というのはまずありません。安心して浣腸をして大丈夫です。浣腸液は市販のもので結構です。小児用も売っていますが、大人用しかない場合には7才で大人の半分、1才で1/4~1/5くらいをおおざっぱな目安にして使って下さってかまいません。腸から吸収される薬ではありませんから、投与量にあまり神経を使う必要はありません。(市販の浣腸液の注意書きにはいろいろ警告が書いてあるかもしれませんが、浣腸はよほど乱暴な挿入でもしない限り安全な処置です。)

こんな場合は受診を急ぐ

 浣腸で便を出させたら、血便が出たり(小さい子供では腸重積の疑いがあります。)便が出ても腹痛が少しもよくならない時(急性虫垂炎その他の急ぎの病気の可能性が出て来ます。)初めてお医者さん受診を急ぎます。腹痛に嘔吐を伴い、青い顔をして苦しがっているような場合も受診を急いだ方がよいでしょう。夜間休日なら、救急診療所受診もやむをえません。

慢性的な腹痛、くりかえす腹痛

 時々お腹を痛がるけれど、痛みの程度は軽くて持続も短い場合には、少なくとも救急診療所受診の必要はありません。何度もくりかえして痛がるのなら、一度はお医者さんに相談した方がよいと思います。ただ、腹痛の原因はいろいろあって、お医者さんにも簡単にはわからない場合が殆どですから、診てもらう前に次のいくつかの点についてメモなどとって整理しておいて下さい。

1.腹痛の程度。寝込んでしまうほどの痛みか、痛いと云いながらも遊んでいられる程度の痛みか。
2.腹痛の場所。おなかの上の方か、下の方か、右か、左か、おへそのあたりか、あちこち動くのか。
3.腹痛は始まるとどのくらい続くのか。
4.一日のうちではいつ痛くなることが多いか。夜、寝ていて痛みのために起きてしまうことがあるか。
5.食事との関係はどうか。空腹時に痛くなるのか、食後に痛くなるのか、食事と関係なく痛くなるのか。
6.排便との関係。便秘や下痢の傾向はないか。便を出すと痛みがとれることはないか。便の周りに白い膿のようなものや血が付いたりしていないか。
などです。

診療時間

診療時間

休診日:水曜日、日曜日、祝祭日、土曜日午後
土曜日午前は12:30まで

ネット予約 一般診療、予防接種、健診

予防接種、乳児健診は予約が必要です。
一般診療は予約の無い方も受け付けますが、予約の方を優先して診療いたします。

pagetop