横浜市港南区の小児科、「もり小児科」です。港南台駅から徒歩2分です。ネット予約完備。

解熱剤(熱冷まし)の使い方

子供が熱を出した時に解熱剤を与えてよいものか、与え方はどのようにするのがよいのか、お父さんお母さんとしては一番知りたいところでしょう。ところがこの点についてお医者さんによって言う事が違う、本にもいろいろなことが書いてある、ということで困っていらっしゃるのではないでしょうか。以下は、私の考え方です。

解熱剤でどうして熱が下がるのか

病気(感染症の場合)になった時、バイ菌やウイルスとの戦いには体温が高い方が都合がよいということは「発熱」の頁ですでに述べました。病気になると脳の体温中枢が体温設定をいつもより上げます。すると体は寒いと感じて、体温を上げるためのいろいろな仕組みを動員します。いわば「わざと」上げているわけですから40度を超える高温にはめったになりません。解熱剤はこの体温設定をもとに戻す働きをします。発熱している状態で、解熱剤が効いてくると、体は暑いと感じるようになり、手足の皮膚の血行がよくなって熱を放出し、汗をかいて体温が下がります。

解熱剤は病気を治す薬ではない

解熱剤を使うと、熱が下がって気分は一時的に良くなりますが、体温の設定を変化させているだけで、バイ菌やウイルスそのものをやっつけているわけではありませんから、病気自体を治しているわけではありません。むしろ、免疫のはたらきをちょっと邪魔しているともいえます。熱が下がっている間に病気が回復していなければ、時間が経過して解熱剤の効果が切れれば再び発熱します。解熱剤は病気を治すのではなく、つらい症状を一時的に和らげるだけなのです。

どんな時に解熱剤を使うか

解熱剤は病気を治す薬ではありませんから、使わずにすむのなら使わない方がよいのです。38.5度以上になったら使いなさい、と指導をする先生が多いようですが、40度近い高熱でも子供が元気なら使う必要はありません。逆に38度そこそこでも熱のために元気や食欲がない場合や、熱がなくても痛み止めとして使いたい場合には解熱剤(=鎮痛剤)を使ってみて結構です。 熱が高いと熱性けいれんを起こすかもしれないという不安から解熱剤を使用する向きもありますが、解熱剤の効果は一時的ですし、効果が切れた時にかえって高熱になり、けいれんが起きやすくなるので、解熱剤で熱性けいれんを確実に防ぐことはできません。

解熱剤で熱が下がらない時

現在、小児に使用することが認められている解熱剤は、安全を第一にしているので作用が弱く、通常の処方量では熱があまり下がらないことは珍しくありません。ですから、解熱剤で熱が下がらなくても必ずしも病気が重いということではないのです。けいれんをしたり意識がはっきりしないなど、熱以外に気になる症状を伴わなければ、熱が下がらないというだけで緊急事態ということはまずありません。

解熱剤で熱が下がらなかったり、一時的に下がってもすぐまた高熱になってしまう場合には、解熱剤の使用にこだわるのをやめる方が賢明かもしれません。40度近い高熱はそういつまでも続くものではありません。ぬるま湯で湿ったタオルなどで体を拭いてあげれば、そのうちに38度台ぐらいに落ち着くことが多いのです。自然な解熱なら、その後に悪寒戦慄(唇が青くなってガタガタ震える。)を伴って高熱になることも少ないでしょう。

しかし、そうは言っても、どうしても不安という場合は、救急受診もやむをえないでしょう。

解熱剤は1日何回まで使ってよいか

子供用の解熱剤は安全な薬で、少しぐらいたくさん使ってもまず副作用の心配は無いと思いますが、1日3回ぐらいまで、普通は2回までにしておくのが安全だと思います。ただ、それでは発熱を止められないことが珍しくないことはすでに述べました。そんな場合は、解熱剤で熱を下げることにこだわるのをあきらめた方がよいと思います。

坐薬と飲み薬の違い

解熱剤としての働きは全く同じです。坐薬のほうが早く効くといわれますが、実際にはそれほど違いは無いように思います。坐薬は薬を飲みたがらない小さな子供にも与えやすい、胃を荒らしにくい、冷蔵庫に入れておけば長時間保存がきく、などの利点がありますが、年長児はお尻から薬を入れられるのをいやがるかもしれません。また、便意をもよおしますから、下痢をしている時には入れてもすぐ出てしまうことが多いものです。坐薬は子供の体重に応じた細かい量の調節が出来ません。

解熱剤=鎮痛剤

一般に解熱鎮痛剤というように、解熱剤にはたいてい痛み止めの働きもあります。急な頭痛、中耳炎の痛みや歯の痛みに対して、保存しておいた解熱剤を痛み止めとして使えます。ただ、乳幼児によく用いられる解熱剤アセトアミノフェン(商品名アンヒバ、アルピニ、カロナール、コカール、ピリナジンなど)は残念ながら鎮痛作用があまり強くありません。なお、平熱の人が解熱剤を飲んでも体温が異常に下がることはありません。熱が無くても使って大丈夫です。

冷たい坐薬は温めてから使う

坐薬は冷蔵庫に保存しておけば、当分使えますが、冷蔵庫から出したばかりの坐薬は硬くて冷たくて、お尻から入れにくいし、無理に入れると痛いものです。使う前に、包みのまま熱湯につけて薬の表面を溶かし、柔らかくしてから肛門に入れるとスムーズに入ります。(温めすぎて薬全体がグジャグジャにならないように注意。)

診療時間

診療時間

休診日:水曜日、日曜日、祝祭日、土曜日午後
土曜日午前は12:30まで

ネット予約 一般診療、予防接種、健診

予防接種、乳児健診は予約が必要です。
一般診療は予約の無い方も受け付けますが、予約の方を優先して診療いたします。

pagetop