横浜市港南区の小児科、「もり小児科」です。港南台駅から徒歩2分です。ネット予約完備。

新着情報

2022年5月14日

日本脳炎ワクチンのネット予約を再開します。

日本脳炎ワクチンの供給がようやく安定してきましたので、ネットからの予約を再開します。電話や医院受付での予約もこれまでどおり行えます。

2022年5月10日

臨時休診のお知らせ

6月28日(火)午後
臨時休診いたします。
午前の診療は通常通り行います。

2022年2月14日

5-11歳小児に対する新型コロナワクチン接種の予約

3月7日(月)からネットでの予約受付を行っています。(予約はネットからのみです。)
予約には横浜市から送付された予診票に記載されている接種券番号が必要です。
当院は、特に接種の優先順位はつけておりません。
予約をされる前に、もり小児科HPのお知らせ、院長の見解と当院の方針、を必ず読んだうえで予約してください。(未読の場合は接種しません。)
実際の予約は、予防接種予約のページから行ってください。

接種は毎週土曜日午前に行います。
3週間の間隔で2回接種します。
接種の予約は2回分セットで行います。
予約後の接種日の変更は出来ません。(予約を取り直してください。)
都合で接種できなかった場合の補完接種の予定はありません。
(1本10人分で保存に特別の配慮が必要なため、個別の事情に対応できません。)

接種は第1期から第3期までの3期を予定しています。
それぞれ第1組から第5組まで、各組10人の接種枠(合計150人)です。

〇第1期、接種は終了しました。

〇第2期、接種は終了しました。

〇第3期、ネットで予約を受け付けています。ワクチン予約のページをご覧ください。
    まだだいぶ予約に空きがあるようです。
第1組、5/21(土)、6/11(土)(すでに終了)
第2組、5/28(土)、6/18(土)(すでに終了)
第3組、6/4(土)、6/25(土)(すでに開始)
第4組、6/11(土)、7/2(土)(すでに開始)
第5組、6/18(土)、7/9(土)(すでに開始)

当院院長は「一般の健康な小児」に対する新型コロナワクチン接種は必要ない、という意見です。
(院長の見解参照)
従って、予約の枠は大きくありません。
お子さんに本当にワクチン接種が必要かどうか、よく考慮なさってから、予約してください。

実際の予約は、予約のページから行ってください。

2022年1月21日

5~11歳小児に対する新型コロナワクチン接種について(院長の見解と当院の方針)

5~11歳の小児に対する新型コロナワクチン接種について
  もり小児科院長の見解と当院の方針

行政からの通達では5~11歳の小児に対する新型コロナワクチン接種は3月開始の予定です。以下に、この件についての院長の見解と、当院の方針をお示しします。ちょっと長いですが、対象年齢のお子さんに新型コロナワクチン接種を希望される保護者は、必ず、下記の院長の見解を読まれたうえで、接種をお決めください。(読まれていない場合は接種しません。)

小児に対する新型コロナワクチン接種についての院長の見解は昨年このHPに公表しました。
基本的にお勧めしない、との見解を公表し、12歳以上の小児への接種機関としては登録しませんでした。当院での接種を希望される方はいたのですが、集団接種も可能ですし、成人に接種している機関でも、12歳以上なら接種するところも多かったので、打てるところで打ってください、とお伝えしました。
今回、接種対象がさらに引き下げられ、5-11歳に対する接種が、3月から開始される予定です。接種を行う医療機関は手挙げをするよう、行政からアンケートが来ました。
私(もり小児科院長)は熟慮の末、今回は接種医療機関として登録することにしました。

「一般の健康な小児」に対する新型コロナワクチン接種は必要ない、という意見は今も変わっていません。
その理由を下記に列挙します。
●小児(特に10歳未満)の新型コロナウイルス感染症は、殆どが軽症であり、現在(2022年2月末)まで、わが国では10歳未満の小児の死亡例は無い。(インフルエンザでもRSウイルスでも毎年わずかだが小児の死亡例がある。)このような病気から子供たち自身を守るために、わざわざワクチンを接種する必要は無いと思う。
追記)3月4日に、障害を持った10歳未満小児の死亡例が報告されました。オミクロン株になって、小児の感染がまったく珍しくなくなりました。感染者が増えれば、今後も、重症例、死亡例の報告が出て来ることが予想されます。しかし、今のところ、小児の重症例が稀であることに変わりはないと思います。(3月5日記)
●小児の感染者から周囲に感染が広がる可能性は否定できないが、オミクロン株では、現行のワクチンを2回接種しても、感染の拡大を防げなかった。今から小児に2回接種しても、本当に感染の拡大を防ぐ効果があるか、大いに疑問である。
むしろ周囲の成人に対する、3回目の接種を急ぐべきだろう。
●諸外国での接種経験から、短期的には小児の接種による重篤な副反応はきわめて稀なようだが、米国からは、接種を受けた小児の約1割で登校に支障、約100人に1人で医療介入が必要になった、との報告(CDC)があり、我が国で従来行われている他のワクチンに較べると副反応が強そうである。このワクチンはmRNAワクチンという、まったく新しい製法のワクチンなので、長期的な副反応についてはまだ不明である。(長期的な副反応について危惧する学者は存在する。)

ということで、私(もり小児科院長)は「一般の健康な小児」に対する新型コロナワクチン接種は不必要だと考えています。
とは言うものの、小児でも基礎疾患のあるお子さん(重症の気管支喘息、ダウン症、糖尿病など)は重症化のリスクを否定できませんし、感染した場合の本人の行動制約や、同居する高齢者への感染リスク、濃厚接触者扱いの家族の行動制約等を考えると、少しでも重症化や感染のリスクが減るのなら、やはり接種したいとの考えも理解できます。(病気の重さではなく、病気になった時の行動制約を理由にワクチンを打つ、というのはちょっとおかしな話だと思うのですが。)
5-11歳に対する接種は、横浜市では集団接種は行わないようですし、成人対象の医療機関で接種を行うところは少ないと予想されます。小児科標榜機関が対応しないと、選択肢としての接種の可能性が閉ざされることになります。
以上を熟慮した結果、今回は当院も希望者には小児に対するワクチン接種を行うことにしました。

最後に、小児に対する新型コロナワクチン接種の注意点を列挙します。
●使用するワクチンはファイザー社製のものですが、12歳以上に接種するものとは別の製品です。(接種量が少ない。)
●3週間の間隔で2回接種します。
●1回目接種の2週間前から、2回目接種後2週間まで、他のワクチン接種が出来ません。(就学前のMRワクチン、2期の日脳ワクチン、DT(破傷風、ジフテリア)ワクチンなどの接種年齢にあたるので、注意が必要です。
●1回目接種時に11歳で、2回目に12歳になる場合、どうするかは未定です。(行政から方針が出ていない。12歳になるのが間近なお子さんは、12歳になってから成人量のワクチンを接種なさるのがよいと思います。)
●筋肉注射です。現行の小児に対するワクチンで筋肉注射は子宮頸癌ワクチンだけです。他のワクチンに較べると、接種手技が多少むずかしく、子供の協力が無いと困難です。
ワクチン接種に対する恐怖心が強く、接種がむずかしそうなお子さんは、接種をあきらめるか、どうしても接種を希望される場合は、父親など力のある接種協力者を同伴してください。

お子さんの新型コロナワクチン接種については、以上の諸点をよく考慮されたうえでお決めください。
具体的な接種開始時期、接種予約の方法などについては、「お知らせ」の「5-11歳小児に対する新型コロナワクチン接種の予約」をご覧ください。

2021年2月15日

予防接種の痛みを減らしました。

予防接種はこどもの健康を守るために必要不可欠ですが、注射は誰でも嫌なものです。当院では、注射の痛みを少しでも減らすために、予防接種用に特別細い針を導入しました。注射の痛みは、針を刺す痛みだけではありませんし、注射そのものに対する恐怖心も無視できませんが、実際に使用した感じでは、痛みがかなり減るようです。注射が大嫌いで、毎回苦労するお子さんは、一度当院での接種をお試しください。

2019年6月27日

生後満2か月になったら予防接種開始です。是非お出で下さい。

生後満2か月になったら予防接種を始めましょう。Hibワクチン、肺炎球菌ワクチン、B型肝炎ワクチンは定期接種(公費で接種できます。)ロタウイルスワクチンは高額な自費接種ですが、小児科医としては是非ともおすすめです。
ワクチン接種は小児科医院偵察(??)のよい機会です。他院で接種を始めたお子さんも、一度当院での接種もお試しください。
ワクチン接種の予約はネットのHPから簡単に出来ますが、よくわからない場合は遠慮なく電話でお問い合わせください。

診療時間

診療時間

休診日:水曜日、日曜日、祝祭日、土曜日午後
土曜日午前は12:30まで

ネット予約 一般診療、予防接種、健診

全て予約が必要です。

pagetop